ワイズリマインダー

Windows10の回復ドライブをiso化する

【準備編】

ImDisk Virtual Disk Driverをインストール

Download ImDisk install package, current stable version 2.0.9 built 16 December 2015

Windows ADK for Windows10をインストール

パスは、C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\
インストールを行う機能を選択する画面では、DeploymentToolsだけを選択

Windows10の回復ドライブを作成しておく

回復ドライブはUドライブとする

コマンドプロンプトを管理者権限で起動する

窓キーを押してcmdと入力して、Ctrl+Shift+Enterで起動


【作業編】

  1. 回復ドライブ(U:)をC:\Win10RE\にコピーする
    C:\WINDOWS\system32> xcopy U:\*.* /s /e /h /f C:\Win10RE\
  2. 隠しファイルの属性を変更する
    C:\WINDOWS\system32> attrib -s -r -h C:\Win10RE\sources\boot.wim
  3. efisys.binを作成
    1. C:\Win10RE\efi/boot\bootx64.efiのファイルサイズを確認する(1,159,008バイト)
    2. コントロールパネル内のImDisk Virtual Disk Driverを起動
      左下のMount newをクリック
    3. Image fileの横の…をクリックしてデスクトップにefisys.binを作成する
    4. Size of virtual diskには上で確認したファイルサイズより少し多い数値を入力する(1300Kilobytes)
    5. Device typeのFloppyにチェックを入れる
    6. Image file accessのVirtual disk drive accesses image file directlyにチェックを入れる
    7. Removeable mediaにチェックを入れる
    8. OKをクリックする
    9. フォーマットの確認が出るので、ディスクのフォーマットをクリックする
    10. フォーマットしたドライブに1のbootx64.efiをコピーする
    11. 追加されたCurrently mounted virtual disksを選択して、Mount newの隣にあるRemoveをクリックする
  4. 3で作成したefisys.binをC:\Win10RE\efi\microsoft\boot\にコピーする
  5. C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\Oscdimg\etfsboot.comをC:\Win10RE\boot\にコピーする
  6. C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\Oscdimg\oscdimg.exeをC:\にコピーする
  7. ISOを作成する
    C:\WINDOWS\system32> cd \
    Cd:\> oscdimg.exe -m -u2 -udfver102 -bc:\Win10RE\efi\microsoft\boot\efisys.bin C:\Win10RE C:\Win10RE_UEFI.iso

【後片付け編】

作成したファイルの削除

C:\Win10RE\
C:\oscdimg.exe
C:\Win10RE.iso

アンインストール

ImDisk Virtual Disk Driver
Windows アセスメント&デプロイメント キット – Windows10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください