ワイズリマインダー

USB-SSDにWindowsToGoをセットアップしてみる

以前投稿したフリーソフトを使ってWindows To Goを利用するの方法では
作成できなかったので、新しい方法で挑戦してみた

Windows10のISOファイルをゲットする方法は
Windows10のISOをゲットするに記載している

キーボードのWindowsキーを押してcmdとタイプする

Ctrl + Shift + Enterで管理者モードでコマンドプロンプトを起動させる

diskpart

と入力しEnter

list disk

と入力しEnter(ディスクの一覧を表示)

今回の場合ディスク6のUSB-SSDを使用するので

select disk 6

と入力しEnter

確認のため、再度

list disk

と入力しEnter(ディクス6の前に*があるのを確認)

clean

と入力しEnter(初期化されます)

create partition primary size=350

と入力しEnter(ブート領域を確保)

フォーマットをするか聞いてくるが、ここではキャンセルを選択

create partition primary

と入力しEnter(残りの領域を確保)

ここでもフォーマットするか聞いてくるが、キャンセルを選択

list partition

と入力しEnter

select partition 1

と入力しEnter(ブート領域を選択)
↓ではさらにlist partitionして選択されたか確認してしまったw

format fs=fat32 quick

と入力しEnter(fat32でクイックフォーマット)

active

と入力しEnter(アクティブにする)

assign letter=a

と入力しEnter(一時的にドライブレターAを割り当てる)

select partition 2

と入力しEnter

format fs=ntfs quick

と入力しEnter(NTFSでクイックフォーマット)

assign letter=x

と入力しEnter(一時的にドライブレターXを割り当て)

select partition 1

と入力しEnter(ブート領域を選択)

active

と入力しEnter(アクティブにする)

exit

と入力しEnter(DISKPARTを終了)

Windows.isoをマウントする
今回はJドライブにマウントされました

Dism /Apply-Image /ImageFile:J:\sources\install.esd /Index=1 /ApplyDir:x:\

と入力しEnter(Windowsのコピーが始まる)

x:\Windows\System32\bcdboot x:\Windows /l ja-JP /s a: /f ALL

と入力しEnter(ブート領域の作成)

Windows起動後別途用意したプロダクトキ―を入力するのを忘れずに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください