ワイズリマインダー

【改】タクススケジューラでSyncToyを定期的に実行する

前回作成したタクススケジューラでSyncToyを定期的に実行するでは、
正常に定期実行されていなかった

ユーザ関係によりNASにログインできていなかったと思われる

===== 以下、再設定 =====

Winキーを押して task をタイプすると
タスクスケジューラがリストアップされるのでクリックする
(Windows10の場合)

基本タスクの作成をクリックする

名前を決める
(今回はSyncToyと命名)

定期的に実行したい間隔を指定
(今回はコンピューターの起動時を選択)

プログラムの開始を選択

プログラムスクリプトでSyncToyCmd.exeを選択し
引数の追加に -R”dir_name” を代入する

[完了]をクリックしたときに、このタスクの[プロパティ]ダイアログを開く
にチェックを入れて完了する

表示しないにチェックを入れ、構成をWindows10を選択する

トリガータブからスタートアップ時を選択して、編集ボタンをクリック

繰り返し間隔にチェックを入れる

これで、毎時バックアップを取ってくれる(タブン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください