ワイズリマインダー

VHDXを新規作成してWindows10をインストールする

Microsoftのツールを使ってUSBのインストールメディアを作成する

USBブートでインストーラーを起動する
プロダクトキーやエディションを選択し
インストール場所を選択する画面で「Shift + F10」を押す

Cドライブを確認する

X:\Sources> C:
C:\>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルは Windows です
 ボリューム シリアル番号は 3273-D4E6です

 C:\ のディレクトリ

(略)

本来メインOSのシステムパーティションは使用したくないが
テスト&別パーティションを作成していないので、こちらをお借りする

100GBの可変サイズの仮想ディスクファイルを作成する
(固定サイズの場合は type=fixed)

C:\>mkdir VHDX
C:\>diskpart
DISKPART> create vdisk file=c:\vhdx\win10home.vhdx maximum=102400 type=expandable
 100% 完了しました

DISKPART> attach vdisk
 DiskPart により、仮想ディスク ファイルがアタッチされました

DISKPART> exit

C:\> exit

コマンドプロンプトが終了したら、「最新の情報に更新」をクリックする
先ほど作成した「割り当てられていない領域」がひょうじされるので
そこへインストールする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください