ワイズリマインダー

スイッチポートアナライザ(SPAN)を使ってネットワークを監視してみた

串が刺せる端末なら、串経由でデータを監視する事は出来たが、
IoTなどの端末では無理なので、ネットワークを丸々監視してみた。

串を使った通信を監視する方法は
ubuntuに串を立ててAndroidがどのような通信を行っているか監視するを参照

 

今回使用した端末は、シスコのC841M-4X-JSEC/K9

 

作業前の状態として、GigabitEthernet(以降GE)0/1からセンターハブへ接続している。
このGE0/1を監視し、GE0/2へ流す。

まず、GE0/2を同じVLANに割り当て起動する。

ysrock(config)# interface GigabitEthernet0/2
ysrock(config-if)# switchport access vlan 82
ysrock(config-if)# no shut

GE0/1のトラフィックをGE0/2へ流す

ysrock(config)# monitor session 1 source interface GigabitEthernet0/1
ysrock(config)# monitor session 1 destination interface GigabitEthernet0/2

 

GE0/2へ監視用PCを接続して、Wiresharkで監視する。

監視用PCで使用しているネットワークを選択して監視をスタート。
フィルタで対象のIPアドレスを指定すると見やすくなる。

tcp.port == 80 || to/from 192.168.82.123

 

監視が終了したらSPANを無効にしておく

ysrock(config)# no monitor session 1 destination interface GigabitEthernet0/2
ysrock(config)# no monitor session 1 source interface GigabitEthernet0/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください