ワイズリマインダー

リバースプロキシ環境でWordPressを新規にインストールする

WordPressをインストールしたいアドレスを
https://hogehoge.com/rename/
とする。

予め、リバースプロキシ(Nginx)には次の設定が完了しているものとする。

server {
        proxy_set_header        X-Forwarded-Proto https;
}

 

WordPressをインストールします

wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.zip -P /ディレクトリ/public_html
unzip /ディレクトリ/public_html/latest-ja.zip -d /ディレクトリ/public_html/
mv /ディレクトリ/public_html/wordpress /ディレクトリ/public_html/rename
chmod 2775 -R /ディレクトリ/public_html/rename

この時、https://hogehoge.com/rename/ にアクセスすると
CSSが読み込まれていないページが表示します。
原因は、ブラウザによる「混合コンテンツ」をブロックする機能。

リバースプロキシまではHTTPSでアクセスしているが、
WordPressがインストールされているサーバーへはHTTPでアクセスしているので、
WordPressはHTTPで接続されていると認識し、各種URLをHTTPで出力している。
結果として、HTTPSとHTTPのリンクが混合し、css等が読み込まれていない。

ブラウザの設定を変更する事により、混合コンテンツを有効化する事は可能だが
根本的な問題解決にならないので、今回は行わない。

 

まずは、cssが読み込まれていない状態でウィザードを進める。

 

 

必要な情報を入力する。

 

 

この状態で wp-config.php が作成されているのでFTP等でダウンロードする。
次の箇所に1行追加する。

// この一行を追加
if($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] == 'https') $_SERVER['HTTPS'] = 'on';

// ↓この行より上に
require_once ABSPATH . 'wp-settings.php';

 

サーバー上の wp-config.php を削除して、
https://hogehoge.com/rename/ を開く

 

 

同じ画面が表示されるので、改変した wp-config.php をアップロードしてリロードする

 

 

今までと違いcssが読み込まれたページになる
「今すぐインストールを実行」をクリックする

 

 

必要事項を入力し、「WordPressをインストール」をクリックする

インストールが完了したら、完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください