ワイズリマインダー

Windowsを使ってRAパケットのMフラグとOフラグを確認する

netsh(コマンドプロンプト)を使って調べます。
インターフェイス番号が不明な場合は、まずこのコマンドでIdxを調べます。

C:\Users\ysrock>netsh interface ipv6 show interfaces

Idx     Met         MTU          状態                 名前
---  ----------  ----------  ------------  ---------------------------
  1          75  4294967295  connected     Loopback Pseudo-Interface 1
  7          25        1500  connected     イーサネット
  8          35        1500  connected     VMware Network Adapter VMnet1
  9          35        1500  connected     VMware Network Adapter VMnet8
 34        5000        1500  connected     vEthernet (イーサネット)
 39        5000        1500  connected     vEthernet (Default Switch)
 46        5000        1500  connected     vEthernet (VMware Network )
 55        5000        1500  connected     vEthernet (VMware Network ) 2

7番である事がわかりました。

C:\Users\ysrock>netsh interface ipv6 show interfaces 7

インターフェイス イーサネット パラメーター
----------------------------------------------
IfLuid                             : ethernet_32769
IfIndex                            : 7
状態                               : connected
メトリック                         : 25
リンク MTU                         : 1500 バイト
到達可能な時間                     : 18500 ミリ秒
基本の到達可能な時間               : 30000 ミリ秒
再転送間隔                         : 1000 ミリ秒
DAD 転送                           : 1
サイト プレフィックスの長さ        : 64
サイト ID                          : 1
転送                               : disabled
アドバタイズ                       : disabled
近隣探索                           : enabled
近隣到達不可能性検出               : enabled
ルーター発見                       : enabled
管理されたアドレス構成             : disabled
その他のステートフル構成           : enabled
脆弱なホストによる送信             : disabled
脆弱なホストによる受信             : disabled
自動メトリックの使用               : enabled
既定ルートを無視                   : disabled
アドバタイズされたルーターの有効期間: 1800 秒
既定ルートのアドバタイズ           : disabled
現在のホップ制限                   : 64
ARPND スリープ解除パターンの強制   : disabled
指定の MAC スリープ解除パターン    : disabled
ECN 機能                           : application
RA ベースの DNS 構成 (RFC 6106)    : enabled
DHCP/静的 IP の共存         : enabled

21:管理されたアドレス構成がMフラグ
22:その他のステートフル構成がOフラグです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください